スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
5月16日「江東区新型インフルエンザ対策本部」が設置される
2009/05/21(Thu)
 国内で海外渡航歴のない新型インフルエンザ患者の発生が初めて確認されたことに伴い、東京都が「感染症対策本部」を設置。江東区においても(5月16日13時)「新型インフルエンザ対策本部」が設置されました。

区対策本部は16日、次の事項を確認しました。
 1.広範な情報収集と国民に対する迅速かつ的確な情報提供を行う。
 (1)ウイルスの感染力や病原性、検査方法、感染防止策、治療方法等に関する正確な情報提供を行う。
 (2)国内サーベランスを強化する。
 (3)問い合わせに対し、発熱相談センターや自治体、厚生労働省や外務省等の相談窓口において   適切に対応する。
 2.国内での患者発生に対応した医療体制の整備等を早急に進める。 
 (1)発熱外来の整備
 (2)抗インフルエンザウイルス薬等の円滑な流通を確保する。
 (3)患者との濃厚接触者や医療従事者、初動対処要員等のうち、ウイルスに暴露した疑いのある者に対し抗インフルエンザウイルス薬の予防投与を行う。
 3.地域や職場における感染拡大を防止するため、患者や濃厚接触者が活動した地域等において次の措置を講ずる。 
 (1)積極的疫学調査を徹底する。
 (2)外出に当たっては、人ごみを避ける。手洗い、混み合った場所でのマスク着用、咳エチケットの徹底、うがい等を呼びかける。
 (3)事業者や学校に対し、時差通勤、時差通学、自転車通勤・通学等を容認するなど感染機会を減らすための工夫の検討を要請する。
 (4)集会、スポーツ大会等については、一律の自粛要請は行わないが、主催者に対し、感染の広がりを考慮し、当該集会等の開催の必要性を改めて検討するとともに、感染機会を減らすための工夫の検討を要請する。
 (5)学校・保育施設等については、発生した患者が学校・保育施設等に通う児童・生徒である場合、原則として、市区町村の一部又は全域、場合によっては都道府県全域の学校・保育施設等の臨時休業を要請する。
(中略)
 なお、従業員の子ども等が通う保育施設等が臨時休業になった場合における当該従業員の勤務について、事業者に対し、配慮を行うよう要請する。
 (6)事業者については、事業運営において感染機会を減らすための工夫の検討を要請する。
 4.水際対策としての検疫・入国審査及び発生国における在外邦人に対する支援に取組む。
 5.ウイルスの病原性等の解析及びパンデミックワクチンの開発に取組む。
 6.電気・ガス・水道、食料品・生活必需品等の事業者に対し、供給体制の確認や事業継続に向けた注意喚起を行う。
 7.必要に応じ、
 
 (1)食料品・生活必需品の購入に当たっての消費者の適切な行動を呼びかける。
 (2)社会混乱に乗じた各種犯罪の取締り等治安の維持に当たる。
 
 5月18日、江東区は職員に対し、通勤時の電車・バス等の利用中はマスクを着用すること。業務中いつでもマスクを着用できるよう常に携行すること―を周知・徹底しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
よもやまばなし 「護岸ギャラリー」  下
2009/05/16(Sat)
 っと聞いていた小松崎区長(当時)は、「君、その絵は消すことはできるのかね」と課長に尋ね、「できます」と答えると、「先ずやってみて、まずかったら消せばよい。試験的にやってみたらどうか」。
 この一言で決まりました。ネーミングは、視察してきた愛知県蟹江川の?河川ギャラリー?をヒントに?護岸ギャラリー?と命名。
 
 長は日曜日、部下の主査を自宅に招き、奥さんの知恵も借りて作戦を練りました。
奥さんの知人である画家の彦坂和夫氏にノウハウを電話で聞き、都内の六美大生(武蔵・女子・多摩美大、東京芸大、日大芸術、和光大美術)に手ほどきしてもらうことで一致。

 1984年3月、美大生らの壁画をスタートに、その後、小学生や一般参加を募集したところ、予想以上に好評であり、マスコミからの取材や、各地からの見学者が多くありました。
 また、NHKの天気予報のバックスクリーンとしてしばらくの間、放映されました。  (区親水館資料から)

 護岸の歴史  彦坂和夫・作  都立東高校前      space5  女子美大  臼井えり子・作 1984.3
   「護岸の歴史」           「SPACE5」 
 彦坂和夫・作 1984.3     女子美大 臼井えり子・作 1984.3      

 の大切な壁画が、最近まで蔦や雑木で埋もれていましたが、(私の指摘もあり)剪定され、再び鑑賞できるようになりました。
この記事のURL | よもやまばなし | CM(0) | ▲ top
よもやまばなし  「護岸ギャラリー」  上
2009/05/13(Wed)
 仙台堀川公園の桜と護岸ギャラリー (仙台堀川公園の桜と護岸ギャラリー)

 台掘川の整備に伴って、在来護岸は無用の長物となり、殺風景となりました。
 しかし、これを取り壊すのには莫大な費用がかかり、都も許可しないことが予想されることから、護岸壁面に絵を描く案が浮上しました。
 時は、渋谷駅前のパルコにペイント描きの大壁画がありましたが、公共施設にペンキで絵を描くのは不謹慎といわれる世相。担当課長は悩み、ためらっていました。
 の時、愛知県蟹江町で、川の護岸に小学生が交通安全の標語を絵入りで描いた河川ギャラリーの新聞記事を見つけました。 早速、ひとり現地に飛び、確信を抱いて帰りました。
 よいよ予算折衝の段階を迎えました。担当課長が小松崎区長(当時)ほか首脳部に考えを説明しました。
 ところが、企画部長は、「よく銭湯に描かれている富士山がイメージされ、公共施設には息苦しいから賛成できない」というのです。
 長は、「銭湯とは雰囲気が違います。一つのテーマを設定し、ギャラリーとして芸術性を高めます」と反論。区長はじっと聞いていました。  (次回につづく)
この記事のURL | よもやまばなし | CM(0) | ▲ top
江東区の新型インフルエンザ対策                           4/27「危機管理対策会議」開く
2009/05/01(Fri)
 江東区では、WHO(世界保健機構)が新型インフルエンザの発生段階をフェーズ4に引き上げたことに伴ない、4月28日、新型インフルエンザ危機管理対策会議を開き、予防対策の実施と今後の対応を協議しています。

 江東区では4月27日、副区長を委員長とする新型インフルエンザ対策推進会議を行い、現況報告とフェーズ4に備えた各部の今後の対応を検討するよう周知し、対策を強化しました。
 
 28日、発熱相談センターを開設、二十九日から保健所での電話相談を実施しています。
 また、5月1日前後に、区内の全小中学校・幼稚園・保育園(私立含む)にマスク2千枚を配送し備蓄。国内発生時に児童生徒に配布する予定です。
 
 区民への周知については、区報、CATⅤ、レインボータウンFM、ホームページ及び防災無線等により、手洗い・うがい等の感染防止のための注意と区の体制について周知を図るとしています。

 区保健所では、29日までに、区民用マスク225万枚を発注、患者調査時使用マスク4800枚を購入。(区民用マスクは学校配布のほか、災害弱者、市場に在庫がなくなった際の緊急用に備蓄)
 また、都からタミフル、リレンザ各100人分、防護服1400着が配布され、江東区保健所内に備蓄されました。             
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。