スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2016年五輪東京招致の舞台裏 江東区議会編 №5
2009/11/08(Sun)
 五輪東京招致に湯水のごとく税金投入
  
        商店街支援予算も流用

 
 五輪招致の経費は、150億円のほかに少なくとも約51億円もの税金を使っていたことが共産党都議団の調査で明らかになりました。なかには商店街支援予算から招致のぼり作成に約1億3千万円を流用していました。
 江東区には都から「オリンピックムーブメント推進事業費委託金」が毎年1千万円交付されてきました。江東区では、招致応援事業の名で、3年間に5000万円以上の税金が招致宣伝などに消えました。都・区民の支持が盛り上がらないなか、4月17日には約2800万円をかけたスポーツ行事を夢の島等で開催、都区が機運盛り上げに多額の費用をかけました。

 お金持ちの国や都市だけが名乗りをあげる五輪ではなく、発展途上国での開催に協力し合うことが必要ではないだろうか。
 IOC総会でジャック・ロゲ会長は、「2016年オリンピックはビッグマネー(大金)で動かされるオリンピックではない」と強調しました。   
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
歩きたばこ・ポイ捨て禁止について
2009/11/03(Tue)
路上喫煙禁止についての御相談にお答えします。

歩きたばこ禁止 路上喫煙禁止について、西大島在住の方からご相談がありました。
「路上喫煙者がとても多く、七月から路上喫煙禁止となったが改善されていない。
 二歳になる子供がいるので道を歩くのが怖いと感じている」とのことです。


 今年7月から「江東区歩行喫煙等の防止に関する条例」が施行され、区内全域で歩きたばこ(自転車等の乗車を含む)及び吸い殻等のポイ捨て禁止、禁煙重点地区で指定時間内の路上喫煙禁止となりました。
 七月以降、区は巡回指導員による違反者への注意・指導、路面シート貼付、ボランティア及び区職員による主要駅での啓発キャンペーン等を実施してきました。
 区担当課は、「今後も粘り強く啓発活動を行っていきたい」としています。
 
 しかし、肝心の巡回指導員は七組(二人一組)だけで、うち五組が亀戸駅など重点地区(5駅・公園、平日8~12時間)に毎日配置、残り二組で23駅を巡回しているのが実状です。しかも、指導員は来年3月末迄の臨時雇用です。
 巡回指導員の増員、重点地区の拡大等、目に見える取り組みを求めていきます。

この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
2016年五輪東京招致の裏舞台 江東区議会編 №4
2009/11/03(Tue)
    IOC歓迎行事

 歓迎ムード盛り上げに児童・生徒を大動員


 IOC評価委員会が、夢の島公園などを視察した四月十七日、その周辺で江東区と招致委員会の共催でスポーツ行事が行われました。
 このイベントには、幼稚園児から中学生まで約6400名が動員されました。

 「小学生二児の母です。4月17日、オリンピックアスリート達と触れ合うスポーツイベントに対して言わせていただきたい」とのメールが区長に届きました。
「行きのバスは30分以上待ち・・・帰りは学校まで一時間以上かけ徒歩」「膝丈もある雑草の中で昼食、子供はへとへと」「子供達を商売道具にしていないだろうか」・・・。
 
 正保議員は、10月8日の決算委員会で、「1万人の子どもたちを集めて歓迎したい」「歓迎ムードを演出」と書いた内部文書を示し、「こども達をサクラに利用したのは明らかだ」「視察訪問の機会を利用して立候補のプロモーション(宣伝)をしてはならないとするIOC規範に抵触しているのではないか」と追及。

 山区長は、「私はIOC委員の視察を歓迎しない」「IOC規範に抵触していない」などと逃げました
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。