スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2010年3月31日までに設置義務化   障害者のグループホーム等にお住まいの方に火災報知機が無料で支給されます
2008/11/16(Sun)
 10月1日の区議会決算審査特別委員会で障害者施策の拡充について質問しました。
 現在、新築・改築住宅には、住宅用火災警報機の設置が法律で義務付けられています。
それに伴い、東京都火災予防条例も改正され、2010年(平成22)3月31日までに、既存のすべての住宅の部屋、階段、台所にも設置することになりました。
 江東区では、障害者のみ世帯、障害者・高齢者世帯に無料で1台、住宅用火災報知機の設置を行っています。私は、災害時の要援護者が生活している障害者グループホーム(生活寮)やケアホームなど、障害者の施設にも火災報知機の設置を無料で行うよう求めました。
 障害者福祉課長は、「柔軟に対応したい」と約束しました。
先日、同課長に確認したところ、「グループホーム(生活寮)の
部屋に住んでいる障害者の方などが区の窓口に来られ、報知機を渡しています。
大変喜ばれていますよ」との報告がありました。                                           花・植物154
私も本当にうれしかった。
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<「子育て支援について」の本会議質問(11月28日)と区の答弁 | メイン | 墨東病院の産科・周産期医療体制の強化を  江東区長へ申し入れ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。