FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
南房総の棚田と里山を歩く
2009/01/24(Sat)
 南房総の山間部では、江戸時代以前から山の斜面を開墾し、棚田が盛んにつくられました。
鴨川大山千枚田(写真)では、温暖な気候を利用して高品質の「長狭米」を生産してきました。
 近年、農業従事者の高齢化などにより、一時荒廃がすすみましたが、「棚田オーナー制度」の導入によって、都市部の人たちに農業体験をしてもらいながら、棚田や周辺の里山の保存活動をおこなっています。
大山千枚田
 その結果、この周辺には多くの棚田と集落が里山とともに残され、農地の維持管理に成功している事例として全国的に注目を集めています。
 田んぼを見下ろす高台にある棚田倶楽部の喫茶店の「ゆずホット」(写真)は、おススメの一品です。                                   
ゆずホット
                                          
 「すなまち山の会」(第34回例会山行き)の新春ハイク「誰でも歩ける大山千枚田と大山不動尊」(案内チラシご参照)を2月21日(土)に予定していますが、先日、その下見に行ってきました。

山の会第34回例会大山千枚田     やまびこ潤・4
 
(写真をクリックすると拡大されます)

 
スポンサーサイト
この記事のURL | すなまち山の会 | CM(0) | ▲ top
<<第4砂町中学校の「合唱コンクール」 | メイン |    2009年 城東消防団始式((1/18)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。