FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
江東区が職員提案のご褒美に海外視察旅行プレゼント
2009/04/03(Fri)
 いい提案のあった職員に対してはどんどん海外に行って、外国の新しい知識を習得してもらいたい― 山孝明江東区長は、予算委員会の自民党委員の質問にこう答えました。
 
 これは、優秀な提案をした職員に一人80万円の海外研修を(5人分、合計四百万円)褒賞(ほうしょう)するというもの。その自民議員が「ご褒美がどうのこうのではない」と何度いっても、褒賞とは文字通り「ごほうび」という意味です。

 職員が区民の福祉向上に役立つ提案をするのは職務のうちです。いい提案のご褒美として、多額の税金で海外研修に行かせる必要性など、どこにもありません。

 現在、職員等提案制度があり、特に優れた提案については、優秀賞(5千円)、アイディア賞(2千円)が褒賞されています。(今年度から、それぞれ2万円、5千円に引き上げ予定) どの自治体でもこの程度が相場です。
 また、職員が国内の先進都市への調査制度もあり、積極的に出かけています。

 区長は、「私自身、海外視察はよくやってきた。最近、一番感動したのはドバイに行ったことだ。・・・・・カルチャーショックを受けた。議員の皆さんにとっても、職員にとっても(体感してもらうことが)必要だ」と、議会のことにまで言及しました。

 区長には、自民都議時代に大問題となり、今も続いている都議会の一回一人平均187万円の「豪華海外視察」や「観光地への寄り道」などへの反省はないようです。


 
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<江東区の新型インフルエンザ対策                           4/27「危機管理対策会議」開く | メイン | 大きく傾いた電柱の早急な建て替えを!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。