スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
よもやまばなし  「護岸ギャラリー」  上
2009/05/13(Wed)
 仙台堀川公園の桜と護岸ギャラリー (仙台堀川公園の桜と護岸ギャラリー)

 台掘川の整備に伴って、在来護岸は無用の長物となり、殺風景となりました。
 しかし、これを取り壊すのには莫大な費用がかかり、都も許可しないことが予想されることから、護岸壁面に絵を描く案が浮上しました。
 時は、渋谷駅前のパルコにペイント描きの大壁画がありましたが、公共施設にペンキで絵を描くのは不謹慎といわれる世相。担当課長は悩み、ためらっていました。
 の時、愛知県蟹江町で、川の護岸に小学生が交通安全の標語を絵入りで描いた河川ギャラリーの新聞記事を見つけました。 早速、ひとり現地に飛び、確信を抱いて帰りました。
 よいよ予算折衝の段階を迎えました。担当課長が小松崎区長(当時)ほか首脳部に考えを説明しました。
 ところが、企画部長は、「よく銭湯に描かれている富士山がイメージされ、公共施設には息苦しいから賛成できない」というのです。
 長は、「銭湯とは雰囲気が違います。一つのテーマを設定し、ギャラリーとして芸術性を高めます」と反論。区長はじっと聞いていました。  (次回につづく)
スポンサーサイト
この記事のURL | よもやまばなし | CM(0) | ▲ top
<<よもやまばなし 「護岸ギャラリー」  下 | メイン | 江東区の新型インフルエンザ対策                           4/27「危機管理対策会議」開く>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。