FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2016年五輪東京招致の舞台裏 江東区議会編 №3
2009/10/31(Sat)
 「オリンピックというのは(開発の)大きなテコになる」

この間の都政・区政は、五輪招致を最大の目玉にすすめられてきました。
 山区長は、「五輪開催は、南北交通の整備や臨海部開発などの解決にもつながる」(06年6月、所信表明)と述べました。
 
 今年6月、自民議員の本会議質問に「地下鉄8号線の建設促進についてもオリンピックというのは大きなテコになる」、別の議員の「臨海部に人工干潟をつくれ」の質問には「一部できそうなところはある。それはオリンピックが東京に決まれば可能性が高まるという話になってる」とまで答えました。
 山区長は、東京五輪が決まればこれもできる、あれもできるというなりふり構わぬ姿勢をとってきました。
 共産党区議団は、「南北交通は五輪にかかわらず早期に実現すべき」と主張してきました。
 
 都は、五輪開催に合わせた「10年後の東京」を策定し、環状道路整備など10兆円もの大型開発を推し進めることを掲げてきました。

 東京の落選は、支持率の低さとともに、オリンピックは東京の開発のためなのか、という疑問がIOC委員の中にわだかまっていたといわれます。 
                                                         つづく
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<2016年五輪東京招致の裏舞台 江東区議会編 №4 | メイン | 2016年五輪東京招致の裏舞台  江東区議会編 №2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。