スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2016年五輪東京招致の舞台裏 江東区議会編 №5
2009/11/08(Sun)
 五輪東京招致に湯水のごとく税金投入
  
        商店街支援予算も流用

 
 五輪招致の経費は、150億円のほかに少なくとも約51億円もの税金を使っていたことが共産党都議団の調査で明らかになりました。なかには商店街支援予算から招致のぼり作成に約1億3千万円を流用していました。
 江東区には都から「オリンピックムーブメント推進事業費委託金」が毎年1千万円交付されてきました。江東区では、招致応援事業の名で、3年間に5000万円以上の税金が招致宣伝などに消えました。都・区民の支持が盛り上がらないなか、4月17日には約2800万円をかけたスポーツ行事を夢の島等で開催、都区が機運盛り上げに多額の費用をかけました。

 お金持ちの国や都市だけが名乗りをあげる五輪ではなく、発展途上国での開催に協力し合うことが必要ではないだろうか。
 IOC総会でジャック・ロゲ会長は、「2016年オリンピックはビッグマネー(大金)で動かされるオリンピックではない」と強調しました。   
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<小学校の学芸会を鑑賞しました。 | メイン | 歩きたばこ・ポイ捨て禁止について>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。