FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「給食費滞納分を払わないと卒業証書を渡さない」と学校が暴言                     校長、副校長が保護者に謝罪
2010/03/14(Sun)
卒業証書 表彰状の筒

 卒業が間近に迫っている中学三年生のお子さんの保護者から相談が寄せられました。
学校給食費の滞納分8万円を分割で支払うことを学校と約束したが、不況で個人タクシーのご主人の収入が激減。奥さんも働いていますが、生活苦で貯金も底をつきました。毎年、就学援助の申請をするも、所得制限で却下されました。

 先日、副校長から奥さんの職場に催促の電話が入り、「3月19日が卒業式なので、前日までに全額払わなければ卒業証書を渡さない」というのです。奥さんは耳を疑いました。
 学校教育法施行規則第58条には、「校長は、中学校の全課程を終了したと認めた者には、卒業証書を授与しなければならない」と明記され、滞納は別の問題。
 
私は教育長に、事実関係を確認した上で保護者に謝罪するよう求めました。
 その翌日、校長と副校長は保護者宅を訪れ、謝罪しました。教育委員会指導室長は、校長会で指導・徹底を約束しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<資格証明書の発行やめ全世帯へ無条件に保険証の交付を | メイン | 小池晃参院議員と党江東区議団が江東区医師会と懇談>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。