FC2ブログ
連載 私の雑記帳 (9)羅針盤
2007/07/26(Thu)
 三菱銀行玉川支店に入行した私は、2年6カ月で大田区の蒲田支店へ転勤となりました。銀行ではだいたい3~4年で転勤命令が出されます。
 当時、私が暮らしていた独身寮は大田区北馬込にありました。8畳の部屋には洋服ダンスと本棚が備わっていました。銀行へ入って3年間は2人部屋制になっていて、静岡県掛川市出身の同期と同じ部屋でした。
 ある日、寮の管理人さんが「○○号室の人は変わっているから近づかないほうがいいよ」というのです。そう言われると、その人の顔が見たくなり、ドアをノックしました。
 それが日本共産党へ入るきっかけになろうとは思いもよりませんでした。
 コタツに丸まっていたその人は、福島県出身で言葉の節々に会津なまりが残っていました。 「正保君、今の日本の政治をどう思うか」と話し始めるのです。まるで日本の進路を憂う幕末の志士の姿に似ていました。なにか熱いものを感じました。
 戦前、他のすべての政党が侵略と戦争、反動の流れに合流するなかで、日本共産党が平和と民主主義の旗をかかげて不屈にたたかいつづけたことを、この党員から初めて聞かされました。心が動きました。
 私は、「人生に確固とした羅針盤をもった生き方をしたい」と思い、日本共産党へ入党しました。北海道から出てきて3年が過ぎたばかりの21歳の夏でした。           つづく
スポンサーサイト



この記事のURL | 私の雑記帳 | CM(0) | ▲ top
<<3700発の花火が夜空へ 8月1日 | メイン | 深川不動尊前の街頭演説に800人>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |