FC2ブログ
連載 私の雑記帳 (15) 組合の代議員選挙へ
2007/09/06(Thu)
 大阪へ単身で赴任しながらも、人事命令の再考を求めていた私に、銀行は「3ヶ月以内に再転勤させる」と約束しました。
 そして、3ヵ月後の1983年5月、中央線国立駅前にある国立支店に転勤となりました。
 私が25歳のときです。
 翌年4月、私は従業員組合の代議員選挙に立候補しました。組合の代議員選挙は中選挙区制で、近隣の5~6支店が一つの選挙区(ブロック)になっていました。私と同じ係の課長代理も立候補して来ました。
 この課長代理は、私に投票した新入行員に「正保に入れたのか。箱の中から投票用紙を取り出して、もう一度書き直して投票しろ」と、私への票を減らそうと躍起になっていました。 銀行では、民主主義のイロハもわきまえないこの非常識さえもまかり通っていました。
当選には100票ほど必要でしたが、私の獲得票は48票でした。ところが、「そんなに入ったのか」と、多くの人が驚いたようです。
 支店次長の歓送迎会があった時など、転出する次長が「君を監視してすまなかった」と、私に謝罪するひとコマがありました。
 憲法で保障されている思想・信条の自由という基本的人権を、銀行はいとも簡単に踏みにじり、平然と差別するのは時代錯誤も実にはなはだしい。 
 私は心底腹立たしく、決して許さない。
スポンサーサイト



この記事のURL | 私の雑記帳 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<豊洲への築地市場移転問題で環境省・農水省へ 9月4日 | メイン | 第28回例会山行のご案内>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shobotokoton.blog107.fc2.com/tb.php/35-178d8a55

| メイン |