FC2ブログ
連載 私の雑記帳   (18) 民主書店の経営
2007/09/27(Thu)
 1987年6月、私は悩んだ末に11年3ヶ月勤めた銀行を退職しました。
そのあと銀行の取引先で多角経営をしていた商事会社の社長に「うちへ来い」と声をかけていただき、経理課長として勤務することになりました。
 ところが、1年後に「パチンコ店のほうへ行ってくれ」と社長から言われ、断ると同時に退職を伝えました。私には生来、仕事とはいえ射幸心と言うものに縁がありませんでしたので、あまり悩みませんでした。
 さて、1960年代の東京では民主書店の創設が進められました。
1964年には、「南葛労働運動の中心である東京東部地域に民主書店を」と、亀戸駅西口の明治通りと京葉道路交差点に近くに亀戸書店が創設されました。社会科学の書籍が中心で教育書も扱っていました。書店設立の期待は大きく、募金や「出資金借り入れ」の運動で多くの資金が寄せられました。初代店長は、後に不和哲三衆議院議員の秘書で江東区議会議員を7期勤めた今井栄一さんでした。
 しかし、亀戸書店など都内でいくつもの民主書店を経営していた友好堂書店が経営縮小をせざるを得なくなり、赤字の亀戸書店を譲渡することに決めました。民主書店の灯は消せないと、亀戸書店の経営を私が引き継ぐことになりました。
 銀行を退職してから3年後、32歳のときです。      つづく
スポンサーサイト



この記事のURL | 私の雑記帳 | CM(2) | ▲ top
<<親亡き後も地域で自立してー 2006年度決算審査特別委 | メイン | 巾着田の万珠沙華を楽しみました  9月23日>>
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/11 23:13  | | #[ 編集]
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/06 18:06  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |