FC2ブログ
親亡き後も地域で自立してー 2006年度決算審査特別委
2007/10/02(Tue)
 いま江東区議会では昨年度の決算審査がおこなわれています。
私は9月28日、障害者福祉対策について質問しました。
障害者の高齢化、重症化とともに家族介護者の高齢化がすすみ、親亡き後も障害のある人が住みなれた地域で自立して住みつづけられるよう住まいや仕事、日中に活動できる場を確保することが何よりも必要だと思います。
 また、権利ようごにつとめながら生活全般の相談・援助ができる総合的な支援体制が求められていると思います。
 私はこの間、障害者やそのご家族、障害者通所・授産(じゅさん)施設などを視察(しさつ)してきたことをふまえ、障害者の声を取り上げました。とりわけ、障害者(心身・知的・重複障害者・精神)のみなさんの要望が大きい①親亡き後の支援②情報提供不足の解決③就労支援の拡充④相談体制の充実ーをつよく求めました。
 そのなかで、区は「福祉サービスや手続きの方法などの情報を江東区のホームページに分かりやすいように工夫して掲載(けいさい)する」と約束しました。
001.jpg

スポンサーサイト



この記事のURL | まんまる奮戦記(活動日記) | CM(0) | ▲ top
<<子育て家庭の経済的支援の拡充をー 決算審査特別委 | メイン | 連載 私の雑記帳   (18) 民主書店の経営>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |