FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
連載 私の雑記帳 (23) 政策提案が実り年間1億円増収
2007/11/02(Fri)
 1995年4月、私は37歳で江東区議会議員選挙に初挑戦しました。結果は1,680票で落選。最下位当選者と僅か27票差でした。
 私は、捲土重来(けんどちょうらい)を期して区議団事務局長として江東区議会の日本共産党議員控室で仕事をすることになりました。
 当時、江東区議会の定数48名のうち、日本共産党の議員が8名いました。議席占有率が16.6%でした。(現在は44名の定数のうち、党議員が8名、議席占有率18.1%)
 私は、現職議員とともに調査・研究を通して政策提案を行い、その実現に向けた取り組みを進めました。区民に負担をかけずに区の財政建て直しができる政策はないだろうかと考えました。
 私は、東京ガス、東京電力、NTTが、電柱や設備の地下埋設で区道をタダ同然で占用している不公平を指摘しました。同時に「適正な占用料の負担を求めるならば、毎年8億円もの増収が見込める」と、党区議団は、江東区道路占用料改正条例を議員提案しました。
 この法律案の作成を私が担当しました。条例案は議会で否決されましたが、この努力が後に実り、1998年から毎年、占用料が1億円増収することになりました。    つづく
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 私の雑記帳 | CM(0) | ▲ top
<<密室での連立協議の破たん  志位委員長が記者会見 | メイン | 全会一致で政府へ「意見書」提出>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。