FC2ブログ
連載 私の雑記帳(34) 20年ぶりの全員当選
2008/07/31(Thu)
 2007年の選挙戦は、44の定数に55人が立候補する多数大激戦となりました。
前回区議選の最下位当選者の得票は2,200票余りでしたが、今回は前回より立候補者が少なく、なおかつ江東区の人口増で有権者が3万4千人ほど増えたので「当選には3000票が必要」というのが、各陣営の認識となっていました。
 私が初当選したときでも2,600票余りの得票でしたから、これまでの2倍、3倍の活動をしなければなりません。
 2006年の4月19日から、西大島の駅頭で早朝宣伝を続け、選挙本番でも早朝5時から8時半まで、夜は7時半から10時まで、妻や筋金入りの党員の人たちと立ち続けました。
 正保候補が“重大事態”のニュースを聞きつけて、「居ても立ってもいられない」と、地元の方々が候補者カーや伴走車に駆け乗って、マイクを握って私への支持を熱く訴えてくれました。街の雰囲気が一変しました。
 党支部と後援会の皆さんが昼夜をわかたず大車輪で奮闘いただきました。
最終日、「私は正保の家内です。なんとしても勝たせてください」と、妻の必死の声が天に響きました。  “万歳、万歳” 3,475票を獲得し、13位の高位で当選することができました。たくさんのドラマが生まれました。
 日本共産党は、8名全員当選を果たしました。江東区での全員当選は20年ぶりのことです。
 私は、区民の期待に応え、くらし応援の区政実現に全力でがんばろうと決意を新たにしました。
万歳 2007.4
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 私の雑記帳 | CM(0) | ▲ top
<<学校選択制見直し   指定校原則へ | メイン | 学校選択制で  いま学校は・・・ ③>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |